Skip to content

長年悩まされている頭痛

私が頭痛に悩まされるようになったのは20代後半の頃からです。その時期、私は自宅から車で約1時間ほどかかる距離の場所まで通勤していました。往復で約2時間です。職場では事務仕事が多く、椅子に座って書類を書いたり、パソコンで作業をしたりと、とにかく座る時間が長かったのです。そんな時期、たびたび頭痛が起きるようになりました。とにかく頭が痛くて、なかなか治まってくれず辛かったです。特に勤務先で頭痛が始まってしまうと大変でした。というのも自宅に戻るには、車を1時間ほど自分で運転しなければならなかったからです。頭痛をこらえながらの運転はとても辛かったですね。
あまりに頭痛がひどく、仕事を早退して、かかりつけの内科医院で診察を受けたこともありました。その医師がおっしゃるには、私の頭痛は「緊張型頭痛」というのだそうです。長い時間、同じ姿勢を継続することで起きることが多いと聞きました。確かに、当時の私は職場への行き来で、1日約2時間ほど車を運転し、職場でもデスクワークが多く、座っている時間が長かったです。しかも子どもの頃から姿勢が悪かったため、悪い姿勢で長時間、座っていることで重い頭を支えている首や肩に負担がかかり、そのことが頭痛の原因につながっていると指摘がありました。同時にロキソニンという鎮痛薬を処方してもらいました。
そのときから現在に至るまで、外出する際にはロキソニンを携帯しています。頭痛がひどくなった時、すぐに服用することができるようにするためです。独身の頃は実家で暮らしていたこともあり、頭痛がひどいときはとにかく横になって治まるまで安静にしていたのですが、結婚し子どもがいる現在はなかなかそういうわけにもいきません。頭痛をこらえながら、車を運転して子どものお迎えに行ったり、掃除や洗濯、家族の食事の支度をするのはかなり辛いです。
鎮痛薬を服用しすぎると、体が慣れてしまい、今までと同じ薬の量では効果が感じられなくなるらしいのです。次第に薬の量が多くなってしまう人も多いと聞きました。ですので今は、鎮痛薬に頼りすぎることなく、頭痛を防止できるように心がけています。具体的には、特に座っている時には正しい姿勢を心がけることです。長時間、運転をするときには腰の部分に丸めたタオルを入れて、腰が伸び正しい姿勢を維持できるように工夫しています。頭痛が起きてしまったら、薬を飲む前に首や肩を動かしたり、マッサージしたり、お風呂に入って温めたりして血行が良くなるよう促すようにもしています。

35才を過ぎてから~生理周期が長い&生理前症状が辛い

女性の35才はお肌のみならず体調の曲がり角でもあるのでしょうか。それまでも生理不順に悩むことは偶にあったのですが、概ね周期は安定しており、生理前の痛みについても然程悩んだことはありませんでした。ところが35才を超えた頃から少しずつ体調が変化していき、30日周期できていた生理は気付けば38日周期(酷いときは40日以上こない時も・・)となり、生理前になると子宮の酷い張りと痛みに加え、足にしびれまで出るようになりました。これは何か重大な病気が隠れているのではと怖くなって婦人科を受診し、くまなくチェックはしたのですが大きな病気は見つからず、子宮内膜症の初期程度のものが見つかっただけでした。お医者様には、仕事・家事・育児の疲れやストレスから血流が悪くなっているかもしれない可能性を指摘され、漢方薬の「当帰芍薬散」を処方いただき様子をみることになりました。
大きな病気がなく安心はしたのですが、実は第二子を希望して丸一年が経過していたタイミングであったため、不安も感じました。「当帰芍薬散」は不妊にも効果がある漢方薬である旨は処方してくださったお医者様から教えていただいたのですが、年齢のこともあり、このまま様子を見るだけで妊娠できるのか、それが心配だったのです。結局早い方が良いだろうと考え、産婦人科の不妊外来へ通うことを決めました。
不妊外来でも子宮の状態のチェックを行い、それに加えて卵胞のチェックも行いました。こちらでも特に何も問題が無いことが分かったのですが、生理周期が長いことから卵が育つのがゆっくりなのかもしれないことと、それによって排卵予測が自分でしにくいだろうというお話を受けました。まさにその通りで、基礎体温をつけても一体どのタイミングで排卵が起こっているのかとても分かりにくく、第二子をなかなか授かれない状態でした。その後、排卵予測を病院で行っていただいたところ、なんと1回の予測で子供を授かることが出来ました。産婦人科の診察になぜか怖いイメージを持っていて受診をせずにいましたが、こんなことなら早く病院を受診していれば良かったなと思います。
現在は妊娠中ですので生理不順等についての対策は行っていませんが、出産後、また同じような症状が出た際には病院を受診し、漢方薬等で自分の体調と上手に付き合っていこうと思います。また、血行不良や冷え症の改善のため適度な運動を取り入れ、加齢による筋力低下も防いでいかないといけないなと考えています。35歳を過ぎてから、自分で自分の体臭が気になるようにもなりました。今はデオナチュレを使って毎日コマメにケアをしています。

自律神経の乱れによる体調不良

10代後半頃から、体調不良に悩まされました。

生理の周期は一定ではなく、年間にすると回数は少ないほうでした。
生理前の二週間ほどは、微熱が出てボーッとしてしまうといった症状もあり、
とにかく体がだるく朝は起きられないので、学校に行くのも、会社へ行くのも辛かったです。

そして、朝気合を入れて通勤や通学をしても、眠くなってしまうことが多く集中出来ません。
体調の良い時は、勉強も仕事もはかどり没頭出来るので、この安定しない状況には悩まされました。

また、気分の浮き沈みがあり、マイナス思考になってしまったり、
閉鎖的になって、人と接しなくなる時期もありました。
この時は原因がよくわからなかったので、自分を責めてしまうこともあり、悪循環が続きました。

負のスパイラルに突入すると、なかなか抜けられません。
頭痛や肩こり、だるさ、食欲不振、耳が聞こえずらくなるといった症状がでます。
こういった症状が続く中で、勉強や仕事をしなければならないので、
ストレスが溜まっていきます。
そのストレスによって、心も不安定になってしまい、何をするにも自信を失ってしまいました。

ケガと違って、目に見えないものなので、
誰かに話しても、なかなか共感が得られることではないので、人にも極力話さないようにしていました。
自分にとって、その時期が人生で一番辛かったです。

現在、30代半ばになりました。
20代後半で結婚し、二人の子供にも恵まれました。

子供を育てる中で、朝早く起されてしまうことが多くなりました。
夏になると日が出るのが早いので、朝4時、5時起きなんてしょっちゅうでした。

それまでの私は、夜型でしたので、就寝時間は深夜でした。

子供は容赦しないので、子供が目覚めたら、どんなに辛くても起きなければなりません。
一人目の時は一緒にお昼寝も出来ましたが、二人目になると昼寝をしている時間もありません。

そんな生活を何年も繰り返している間に、
就寝時間も早くなり、すっかり朝が強くなりました。

今では、朝、子供を幼稚園へ送りに行く時は、自転車を使わずに歩くようにしています。
幼稚園へ送った後、仕事までの間に散歩する日もあります。
日の光を浴びていることで、自律神経の乱れもかなり少なくなったと思います。

嬉しいことに出産をしてから、生理痛もだいぶ楽になりました。
そして、生理も一定になり月に一度来るようになり、微熱のような症状も出ていません。

早寝早起きという言葉がありますが、これは健康の基本なのだと思いました。

ストレスを上手に発散して、自分の性格や体のことを自分で理解してあげることで、
毎日元気に過ごせるようになりました。
無理をせずをモットーにこれからも自分の出来ることにやりがいを感じて過ごしていきたいです。

ストレスからくる様々な体の不調・・・

元々子供のころからとても体が弱く、頻繁に体調を崩していました。成長してもそれはよくならず、さらに悪化するばかりでした。高校生くらいの頃から主に頭痛、吐き気、めまいなどが強くなり、これも体が弱いからだろうと思い込んでいましたが、大きな病院で検査した結果、ストレス性のものだということがわかりました。
確かに、言われてみればストレスを感じることが多くありました。書けばきりがないほど、嫌なことが多くあり、それが直接体調不良に関係しているとなると、その状況から抜け出さなければいけないと思いましたが、まだ子供だったため簡単にできるものでもありませんでした。
そうなると、もうひたすら耐えるほかありませんでした。病院に行った際、お医者さんに「一緒に頑張って治していこう!」と言われましたが、「この人になにがわかると言うんだろう。この人になにが治せると言うんだろう。」と思ってしまい、それ以降病院に通うことはなくなりました。何か原因があって、薬などで治療していき、改善するものならお世話になったと思いますが、ストレスが原因なのに、それをお医者さんが改善するなんて不可能だと思いました。
家庭、学校、どちらにもストレスがありました。家にはできるだけ帰らなかったし、だからと言って学校に行くこともほとんどしませんでした。それでもわたしの帰るべき場所はあの家だと思うとイライラしたし、学校も最低限行かなければ留年してしまうので、行くたびに嫌な気持ちにさせられていました。そのたびに体調が悪くなり、辛かったですが、それでもひたすらに耐え続けました。
専門学校に入り、彼氏ができると、彼氏の家に住みつくようになりました。わたしの帰るべき場所は彼の家になり、家庭のストレスはなくなりました。何度か家族に駅で待ち伏せされ、警察沙汰になったりもしましたが、今は落ち着いたものです。学校も同じような趣味の人間が集まる場だったので、みんなが仲良く、とてもいい環境でした。学校でのストレスもなくなり、ストレスフリーになりました。すると、以前までの体調不良が嘘のように、体も心も元気になりました。やはり環境の変化の影響は大きく、ストレスの原因がなくなったことで、頭痛や吐き気もどこかに行ってしまいました。
それから社会人になり、彼と本格的に同棲をはじめました。会社でセクハラを受けていた時期があったのですが、やはりその時は体調を崩していました。体が仕事に行くのを拒否しているようでした。彼氏と喧嘩をしたり、怒らせてしまったときも体調が悪化してしまいました。会社での問題がなくなったとき、彼と普段通り仲良くしているときは体の調子もいいので、ストレスを感じやすい体なのだろうなと思います。人と関わるとストレスを感じてしまうことが多くなると思うので、会社をやめ、フリーランスとして生きていく道を模索中です。人のためになり、尚且つしっかりと稼ぐことができるような仕事をして生きていけたら、それはストレスフリーで素晴らしい人生なのではないかと思っています。

生理痛に悩まされる日々。ルイボスティーを試しに飲んでいます!

十年ぐらい前から生理痛で悩まされてきました。
生理は毎月あるものなので辛いです。
二日目と三日めあたりが症状が辛くてに下腹が痛くなって動くのも嫌になるぐらいで、吐き気を伴います。
酷い時は、市販薬を飲みます。
薬を飲むと、痛みもなくなるし吐き気もなくなるので気持ちも楽になるのですが、薬ばかり頼るのもどうかなって思ってしまいます。
原因を色々考えてみると、一番は体が冷えやすいってことですかね。
医者じゃないのではっきりとした原因は分からないですが、冷え性の人は生理痛が重くなりやすいと聞いたことがあります。
確かに、私はアイスとか冷たいものが好きだし、飲み物も比較的冷たいものをよく飲んでいます。
そのせいか、お腹を触ると冷たいんですよね。
それに、運動もほとんどしないですし座っている状態も長いので筋肉量も平均よりは少ないかもしれないですね。
筋肉は血を運ぶポンプになるので、筋肉が少ないと血の巡りがよくないと聞きました。
なので、冬場とか特に足のつま先がキンキンに冷えてしまうぐらい冷え性ですね。
だから冷え性を治そうという努力は色々してきました。
例えば、生理痛とかにもいいと聞いたカモミールなどのハーブティーを飲むとかやってみました。
ただ、ハーブティーは自分の口には合わなくて断念してしまいましたね。
でも、ホットのルイボスティーとかホットの飲み物を取るように心掛けています。
他には、おまたカイロと言って股のあたりにカイロを張るんですが、これは下半身が温まって気持ちがいいしカイロを張るだけなので簡単なのでよかったです。
また、基本的なことではありますがお風呂に入ったらシャワーだけ済まさずにしっかり湯船につかるようにしました。
どうしても面倒がって月に1、2回ぐらいしか湯船につかってなかったのですが、シャワーだとやっぱり全然体が温まらなくて冬はすぐに足が冷えてたのですが、湯船につかるとしっかり体が温まっていいですね。
生理の時でも温めると、生理痛も和らぐので体を温めることを意識しています。
ただ、毎月生理の状態って違うんですよね。
凄く痛い時もあれば、比較的軽い時もあるんですよね。
生理痛になる要因も一つじゃくて季節もあるし、食生活だったり精神状態もいろいろあるので、何をしたから生理痛が改善されたというのが正直分かりづらいんですよね。
でも目標としては生理痛をなくすことだけじゃなく、より心身を整えることなので自分にあった健康法の探求は続けていきます。

メニエール病!?ぐるぐるめまいと病院通い・・・

二年前の一月、朝起きようと思ったら目の前がぐるぐると回って起き上がれませんでした。しばらく待ってからなんとか立ち上がりましたが、お茶を飲もうとすると目の前がぐるりと回りその場にへたれこんでしまいました。
そんなめまいは初めてで、メニエールを疑いました。病院に行こうにも何科が適切なのか分かりません。それで医療関係の友人に聞いたところ、耳鼻科をすすめられました。
幸いすぐ近くに耳鼻科があったので行ったところ、良性発作性頭位めまい症との診断。耳石と呼ばれる小さな石が三半規管に入り込んでしまったもので、石がとければ大丈夫と言われたのです。
原因を探ったら、私の場合は前日にベッドから頭部分を落として寝たことではないかとのこと。運動不足や頭部の衝撃以外にも、頭を極端に下げる等していて起きることもあるそうです。
私は耳石が何個も落ちたようで、数日間はめまいとの戦いでした。石の場所からして、エプレイ法という医師による治療は効果がなさそうなので、自然治癒を待つことになりました。ただメニエールとは違い、耳の痛みがなかったので、無理さえしなければ日常生活は送れました。
これまで健康だったので、このめまいは衝撃でした。最初は周りにもいるのでメニエールかも?と不安になったりもしました。また、めまいの診療が何科なのかという知識がなかったので、友人に教えてもらえてよかったです。
病名が分かったこと、ちょうどその少し前に女子サッカーの澤選手がかかって知名度が上がったことにより、家族への説明も楽でした。あれだけ鍛えているスポーツ選手ですら安静にしなければいけない病気だと理解してくれたのでありがたかったです。
これ以降、毎朝起きる時は気をつけて急に体を起こさないようにしています。また、洗濯物を干す動作が危ないので、乾燥機能付きの洗濯機に替えました。
この後の変化で一番残念なのは、大好きだった絶叫マシンに乗れなくなったことです。降りたら立てなくなりそうで怖いのが大きいです。漫画のように自分の周りがぐるぐると回ってその場に倒れこんだことが、思っていたよりもトラウマになっていたようです。
現在は枕の位置を高くする、急に頭を動かさないなど、日常で気をつけています。しかし一度、軽度ですがまためまいをおこしてしまいました。いつ起きるのか分からないのは不安ですが、これからも付き合っていくしかないので、できるだけ急に動かずに生活していこうと思っています。

アラフォー女子の悩み|白髪、自律神経失調

30台後半まで、お肌の衰えは若干感じていたものの、その他の見た目や体調などはすこぶる好調でした。
特に多忙というわけもなく、毎日を同じサイクルで生活していたのですが、38歳を過ぎたあたりからまず白毛がちらほらと見えるようになりました。
最初の1本を発見した時のショックは今でも忘れられません。
その時はおでこの生え際からちょいっと生えていたので抜いて終わりにしたのですが、それから間も無く今度は髪の毛の分け目を変えた時に前髪部分から2−3本の白髪が見つかり、またしばらくすると今度は耳の上部分(頭の側面)あたりから2-3本と見つかるようになりました。
過度なストレスも感じていないですし、美容院に相談すると染めるほどの量ではないですよと言われたので気にしないようにしているのですが、髪の毛をまとめるときにチラチラと白髪が見えるのが年をとったなあと落ち込んでしまいます。モウガ漲はまだ買うな!※僕が買わなかった理由をこっそり明かす!
せめて白髪を目立たなくする方法は無いものかと頭を悩ませています。

あと、こちらも38-9歳あたりからの症状ですが、生理が近づいて来ると下半身(太ももからしたの足)がうずうずして眠れない時があります。
鈍い感覚のうずうずで、なんと表現して良いのかわからないのですが、筋肉痛や発熱前とはまた違うだるさのようなものに、ぞわぞわと落ち着かない感覚が混ざって、若い頃には味わったことのない症状です。
寝入りばなに訪れるので、眠いのにうずうずして眠れず
何度も寝返りや伸びをしているのですが、全く解消されません。
ネットなので調べると、自律神経系の疾患の疑いがあるですが
こちらも特に原因が見当たらず、命に関わる症状でもないしなあと病院にも行かないままになっています。

睡眠関係で、もうひとつ悩み事が。
それは毎日5-6時間しか眠れなくなってしまったことです。
30代前半までは、7-8時間連続して眠るのが当たり前の毎日で
昼寝などは一切しなかったのですが
今は21時に寝ても24時に寝ても5-6時間後にぴたりと目覚めてしまうのです。
目覚し時計の意味が全くありません。
体内時計できっかり5時間です。5-6時間では個人的に睡眠が足りておらず、朝の4時頃に目覚めてしまった日には8時過ぎに眠くなってしまい、午前中から昼寝をすることもあります。
体内リズムを整えようと昼寝を我慢し、22時ごろに今夜はぐっすり眠れそうだ…と思うのですが5時間後の明け方5時に目が覚めてしまい、起きた直後はやたら覚醒しているので2度寝もできず、結局午前中から眠くて睡魔との戦い…という日がずっと続いております。
年を取ると長時間連続で眠れない…と聞いた事がありますが、まだまだ働き盛りの子育て中ですので、日中はシャキッとしていたいのになあと悩んでいます。